トロピカル黒にんにく S-アリルシステイン

 

トロピカル黒にんにく、あなたも気になっているんじゃないでしょうか?

 

そうですよね、何だからいろいろすごそうです!

 

ポリフェノールは、生にんにくの10倍と言われる黒にんにく。
さらにマンゴーをプラスして、後味すっきりとさせている。

 

一度試したみたい!
そう、あなたは思われているかもしれません。

 

トロピカル黒にんにくのS-アリルシステイン

 

トロピカル黒にんにくの特徴として、S-アリルシステインが普通のニンニクの8倍とあります。

 

このS-アリルシステインってなんだか気になりませんか?
とても良さそうですけど、どんな特徴があるんでしょうか?

 

S-アリルシステインは、にんにくだけに含まれている物質です。
知ってましたか?

 

さらにいろんな病気の症状に、有用性が期待されている物質なんです。

 

認知症の予防なども期待されていますね。
それはS-アリルシステインの抗酸化作用によるものです。

 

それにより、
がん予防や
高血圧予防
動脈硬化予防
心臓疾患予防
認知症予防
など、いろんな症状に有用性が期待されているんです。

 

S-アリルシステインは、ナチュラルキラー細胞を活性化させるといわれています。

 

ナチュラルキラー細胞を活性化させることで、さまざまな病気に予防につながるんです。
がん予防にも有用だとされています。

 

S-アリルシステインは、水溶性で吸収されやすいという特徴があります。
血管内で活性酸素と悪玉コレステロールの結合を防止する働きがあるとされています。

 

血管系の症状に有用性があるのもうなづけますね。

 

もちろん、個人差もありますし、まだわかっていない部分も多いのは確かです。
ですから、万人に効果を保証できるものではありません。
それでも、なかなかうれしい物質であることに間違いありません。

 

そんなS-アリルシステインが豊富に含まれている、トロピカル黒にんにく。


 
(おわり)
page top